熱帯魚を健康に飼育するために“夏場の水温上昇対策”をしっかりやろう!
熱帯魚には飼育の上限温度があります(下記参照)
種類適温種類適温
一般熱帯魚32℃ コリドラス・プレコ30℃
エビ類28℃ 水草28℃
海水魚30℃ サンゴ27℃

熱帯魚達の住んでいる川や海や湖は外がどんなに暑くても水温30℃以上になることが殆んどありません。
しかし水槽と言う閉ざされた環境の中では放っておくと水温は外気温と同じ数値まで上昇してしまいます。
日本でも気温が35℃以上になることは珍しくなく、ましてや留守中部屋を閉め切っていたりすると・・・
どんな恐ろしいことになるか想像に難くないですね。
そんな状態では水温が40℃近くまで上昇することさえあります。これはもう殆んどお風呂!?
日本ではGW過ぎ頃から暑いときでは気温が30℃を越え出します。
早めに水温上昇対策をしていざと言う時慌てないようにしましょう。
ここでは水温上昇防止に役立つツールと使用方法を簡単にご紹介します。




〜まずは水温を上昇させない〜
・フタを取るふたをしていると熱気がこもります。飛び跳ねる危険性のない魚ばかりの場合フタは取りましょう
・ライトをあげるライトの熱は水温上昇の原因です。ライトリフトを使用し水面から遠ざけるだけでかなりの予防になります。
・風通しを良くするなるべく部屋を閉め切らないようにしましょう。換気扇を回しておくだけでも違います。

〜それでも上昇してしまったら水温を下げる〜
・ファンを使用水槽用のファンを使用します。外気温に対して水温を2〜4℃下げる効果があります。
と言うことは外気温が35℃以上あるときは適温まで下げられない可能性もあります。逆に冷えすぎを防ぐためにもファン用のサーモを必ず使用しましょう。
各メーカーから様々な商品が出ていますのでご自分の水槽に適した商品をお選び下さい。

ファンの設置方法(手順)
一般的な60cm水槽のセットです。ライトも通常の水槽に直接載せるタイプです。
@先ず水槽にフタをする形で乗ってしまっているライトをリフトアップします。
使用するのはGexのらくらく照明リフトです
ライトの両端にライトリフトをはめ込むだけでとても簡単です。難しい部品などもありません
正面から見たところです。水槽の上を覆っていたライトがリフトアップされ空気の流れが良くなりました。
A次にファン用のサーモスタットFE-101を取り付けます。
ファンを使用することで逆に冷えすぎてしまうことを防止できます。
ここでは便宜上水槽の側面に設置しておりますが 本来水が掛からない場所の方が良いでしょう。
ファンから伸びている温度を感知するセンサー部分を水槽内に固定します。この部分が水槽外に出てしまうと水温を感知できません。しっかり固定しましょう。
B次にファンを設置します。
ここではGexの冷却スリムファンを使用します。水槽の大きさに合ったファンを使用しましょう。
ファンはライトと上部フィルターの間に設置します。狭い隙間でも取り付けられる便利なファンです。
正面から見たところです。ライトがリフトアップされ空気の流れが良くなったところにファンで風を当ててあげます。魚が飛び跳ねる心配が少ない場合はガラスブタも取った方が良いでしょう
C最後にファン用のACアダプターをサーモスタットのコンセントに差し込めば設置は終了です。
水温が上がりすぎるとサーモが感知しファンを動かしてくれますので安心です。
設定温度より高くなるとサーモスタットに通電を知らせるランプが点灯しファンが動き始めます。
・水槽用クーラーを使用水槽用のクーラーを使用します。
適合サイズさえ間違えなければ目的の水温まで完璧に下げる事が出来ます。
風通しのよい所に設置するのがコツでキャビネットの中などに入れてしまうとクーラーからの熱でまた水温を上昇させてしまい本末転倒になってしまいます。

クーラーの設置方法
クーラーです。ここではGexのGXC-100を例にご説明します。本体を箱から取り出し付属品を確認します。
ホースを繋ぐジョイントの部分を写真のように組み立てます。クーラー本体のホースジョイントを挿す部分は最初カバーが付いています。
ホースジョイントを挿す部分のカバーを外したら必ず付属のパッキンを溝に押し込んでからジョイント部分を差込みネジ止めします。
クーラー本体には水を送るポンプが付いておりません。外部式フィルターやポンプと接続して使用します。Gxc-100は外部式フィルターと繋ぐのが良いでしょう。この場合、外部式フィルターの出水口の途中にクーラーを接続します。GXC-100は出水と給水の区別がないので便利です。他クーラーで給水と出水の区別がある場合、外部式フィルターの出水口から出るホースをクーラーの給水側に繋ぎます。クーラーの出水側から出るホースはそのままシャワーパイプなどを通して水槽に戻します。
クーラーのジョイント部分は付属のホースバンドを利用してしっかりホースを止めましょう。
Gexのクーラーは側面に電源用のスウィッチとヒーター用のコンセントが付いています。ヒーターのプラグをさせばクーラーのサーモスタットでヒーターの管理も同時に出来ます
準備が全て整ったら電源スウィッチを入れましょう。入れるとランプが点灯します。
電源を入れると正面の温度表示部に現在の水温が表示されます。
温度表示部右側のボタンを押して設定温度を確認&変更しましょう。海水魚飼育の場合は25℃設定にするのが一般的です。
呼び水をして外部式フィルターを稼動させ、ポンプに水槽の水を送り込みます。
完成です。実際に動かしてみて各装置の動作や確認しましょう
接続完了です。ここまでやれば水温対策は完璧ですね。便宜上各装置を目立つように繋いでおりますが本来は見えない位置に設置した方が見た目に良いでしょう。
・部屋のクーラーを使用電気代が凄く掛かりますが24時間エアコンを付けっぱなしと言う手もあります。
何本も水槽を持っている人は逆にこれが1番良いかも知れません。人間も快適です。
しかしメタハラなどを使用している場合は発熱量が多く水温の上昇を防げない場合もあります。


〜通常の熱帯魚飼育〜
・安価で設置も容易なファンの使用がおススメ!
ファンで下げきらない時は部屋のエアコンと併用しましょう。
〜水草・サンゴ・海水魚飼育〜
水槽用クーラーの設置がおススメ!
特にメタハラや殺菌灯などを使用している場合は余裕を持ったサイズにする必要があります。究極に暑い日は部屋のエアコンの併用が必要になる場合もあります。
〜エビやグッピーなどの飼育〜
水槽本数を多く持っている方は部屋のエアコンがおススメ!


夏場でもヒーターを設置しよう
突然夜が寒い日などは水温が下がりすぎる場合があります。夏場でも油断せずヒーターは必ず設置した状態を保ちましょう。設定温度以下の水温にならなければ電源は入りませんので電気代の無駄にはなりません。
ヒーターの設定温度を高くしよう
ヒーターの設定温度は冬場は低く、夏場は高く、しておくと電気代の節約になりますし水温を一定に保ちやすくなります。高温に強い魚だけしか飼育していない場合は29℃程度にしてしまっても良いでしょう。
水槽用のクーラーにはポンプが必要です
水槽用クーラーには水を動かすポンプが接続されていません。必ず水槽に合った流量のポンプを接続して使用して下さい。一般的な水槽はろ過をかねて外部式フィルター、オーバーフロー水槽などは専用ポンプを接続して使用することが多いです。
高い水温下では溶存酸素量が減ります
水中に溶けている酸素は水温が上昇すればするほど減少していきます。水槽中の熱帯魚は当然として酸素を使用するろ過バクテリアにも影響があります。水温が高すぎる時は餌の量を調節したりしてバクテリアの負担を減らしてあげましょう。水を汚しすぎないよう普段より早めに水換えをするのも良いでしょう。
エアレーションを活用しよう
エアレーションするだけで水温の上昇防止にも役立ちますし、上記溶存酸素量の減少も防止できます。
水温計は必ずつけよう
1日数回水温を確認しましょう。クーラーやファンの故障なども早期に発見できます。


◆◆詳しくはお店のスタッフにご遠慮なくご相談くださいね